10数年前に淀川長治氏のコラムを読んで以来、とにかく観たかった「アクメッド王子の冒険」。サイレント版では一般の映画館でなかなか上映できないので、オリジナルの楽譜を演奏した英国版DVD用の音源から音ネガを作り、修復された絵ネガと合わせて世界初のサウンド版を作ってもらった。やはり、35ミリのスクリーンで見たその美しさは絶品だった。「長靴をはいた猫」「眠れる森の美女」「パパゲーノ」「カルメン」「ガラテア」の5本も35oフィルムを焼いて上映、東京都写真美術館での毎週日曜日の一回目は、俳優・中山一朗による日本語ナレーション付きライブ上映を実施し、ファミリー層で劇場がいっぱいになった。

  • 「アクメッド王子の冒険(完全修復サウンド版)」
  • <1926年/ドイツ/BW(染色)/スタンダード/ドルビーSR/65分>
  • 日本語字幕:松岡葉子/宣伝デザイン:大寿美トモエ
  • 監督:ロッテ・ライニガー
  • 提供:アスミック・エース エンタテインメント
  • 配給:エデン 

2005年11月12日東京都写真美術館ホールにて公開。

公式サイトへ
Archives

ムトゥ 踊るマハラジャ 踊るマハラジャ ジーンズ 世界は2人のために ロッタちゃん はじめてのおつかい

ロッタちゃんと赤いじてんしゃ 処刑人 王様の漢方 丹下左膳・百万両の壺

ビューティフル・デイズ 魅惑の影絵アニメーション ロッテ・ライニガーの世界 ニキフォル 知られざる天才画家の肖像 おやすみ、クマちゃん

映画で見るベトナム戦争の真実 コリン LOVE OF THE DEAD 『僕たちのバイシクル・ロード 〜7大陸900日〜』 『カウボーイ&ゾンビ』

『悪魔の毒々モンスター』 『チキン オブ ザ デッド』 『マンボーグ』 『ファーザーズ・デイ 野獣のはらわた』

『カイロ・タイム〜異邦人〜』 『バチカンで逢いましょう』 『ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち』 『世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方』