日本では子供を泣かして観客から同情の涙を絞る映画に人気がある。でも、それは本当の子供映画ではない。北欧では昔から質の高い子供映画がたくさん作られてきたが、日本にはなかなか輸入されていなかった。何より子供を子供扱いせず意志のある一人の人間として扱っているところが素晴らしいのだ。『ムトゥ』と同じ頃、この映画と出会い、惚れ込んだ私たちは地道に全国の児童館などを回すくらいのつもりでこの映画と付き合い始めた。『ムトゥ』にかかりきりになったために公開までにはだいぶ時間がかかってしまったが、やがてロッタは一人歩きをはじめ、ブタのバムセと一緒に日本で最も有名なスウェーデンの女の子の一人になった。また、公開時、恵比寿ガーデンシネマで実施した託児つきサービスも話題となった。

  • 監督・脚本:ヨハンナ・ハルド
  • 原作:アストリッド・リンドグレーン
  • 出演:グレテ・ハヴネショルド、リン・グロッペスタード、マルティン・アンデション
  • <カラー/ビスタサイズ(1:1,66)/スウェーデン語/ドルビー/1時間26分>
  • 日本語字幕:松浦美奈/宣伝デザイン:大寿美トモエ
  • 提供:JCA+エデン+リトル・モア+ミラクルヴォイス/配給:エデン+ミラクルヴォイス
  • ビュー・シリーズ(the Best Entertainment from the Universe)NO.2

2000年1月15日恵比寿ガーデンシネマにて公開。
アスミック・エースよりDVD発売中。

公式サイトへ
Archives

ムトゥ 踊るマハラジャ 踊るマハラジャ ジーンズ 世界は2人のために ロッタちゃん はじめてのおつかい

ロッタちゃんと赤いじてんしゃ 処刑人 王様の漢方 丹下左膳・百万両の壺

ビューティフル・デイズ 魅惑の影絵アニメーション ロッテ・ライニガーの世界 ニキフォル 知られざる天才画家の肖像 おやすみ、クマちゃん

映画で見るベトナム戦争の真実 コリン LOVE OF THE DEAD 『僕たちのバイシクル・ロード 〜7大陸900日〜』 『カウボーイ&ゾンビ』

『悪魔の毒々モンスター』 『チキン オブ ザ デッド』 『マンボーグ』 『ファーザーズ・デイ 野獣のはらわた』

『カイロ・タイム〜異邦人〜』 『バチカンで逢いましょう』 『ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち』 『世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方』