インドネシアで大ヒットした青春ラブ・ストーリー。インドネシア映画といえばクリスティン・ハキム系のアート映画や妖術映画やバリー・プリマ主演のシラット・アクションしかないと思っていた目にはこのスタイリッシュで爽やかな映画はとても衝撃的で、主演のディアン・サストロワルドヨとニコラス・サプトラの2人がキラキラと輝いていた。内容的には絶対的な自信作だったし、思い切ってフジテレビ系でTVスポットも打ったのだが、空前の韓流ブームの中、この時期韓国映画以外のアジア映画へのニーズはほとんどなかった。それでも、インドネシア映画界は今も要注目だ。

  • 監督:ルディ・スジャルウォ
  • プロデューサー:リリ・リザ、ミラ・レスマナ
  • 出演:ディアン・サストロワルドヨ、ニコラス・サプトラ、ラディア・シェリル
  • <カラー/ビスタサイズ(1:1,85)/インドネシア語/ドルビーSR/1時間52分>
  • ビュー・シリーズ(the Best Entertainment from the Universe)NO.4
  • 日本語字幕:松浦美奈/宣伝デザイン:大寿美トモエ
  • 提供:ジェネオン・エンタテインメント+博報堂DYメディアパートナーズ+国際メディア・コーポレーション+エデン
  • 配給:エデン

第17回東京国際映画祭アジアの風公式上映作品
2005年3月5日恵比寿ガーデンシネマにて公開。

公式サイトへ
Archives

ムトゥ 踊るマハラジャ 踊るマハラジャ ジーンズ 世界は2人のために ロッタちゃん はじめてのおつかい

ロッタちゃんと赤いじてんしゃ 処刑人 王様の漢方 丹下左膳・百万両の壺

ビューティフル・デイズ 魅惑の影絵アニメーション ロッテ・ライニガーの世界 ニキフォル 知られざる天才画家の肖像 おやすみ、クマちゃん

映画で見るベトナム戦争の真実 コリン LOVE OF THE DEAD 『僕たちのバイシクル・ロード 〜7大陸900日〜』 『カウボーイ&ゾンビ』

『悪魔の毒々モンスター』 『チキン オブ ザ デッド』 『マンボーグ』 『ファーザーズ・デイ 野獣のはらわた』

『カイロ・タイム〜異邦人〜』 『バチカンで逢いましょう』 『ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち』 『世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方』